顧客管理ソリューションを扱うSalesforce、名刺管理と連携するとどういう利点がある?

Salesforce(セールスフォース)は、世界的に圧倒的シェア率を誇るビジネスアプリケーションです。

昨今の営業活動は、営業パーソンの経験や努力だけに頼らず、優秀なシステムを導入することが必須になっています。

最終的ジャッジは人間が行うにしても、そこに至るまでのことはコンピュータの力を導入するのが効率的です。人間が行わなくても良い業務はAIに任せ、人力とデジタルを融合させた結果を出せるビジネスを展開していきましょう。

一方、名刺管理をデジタル管理する企業が増えてきました。名刺管理サービスをデータ化するだけでも業務の効率化を図れますが、Salesforceと連携させると一層効率化できるようになります。

Salesforceを名刺管理と連携するとどのようなメリットがあるのか、説明します。

Salesforceとは

Salesforceは1993年に創業したセールス・フォースドットコム社が提供するクラウド型のビジネスアプリケーション。日本にも2000年に株式会社セールス・フォースドットコムが設立されました。

Salesforceは、SFA(営業支援システム)、CRM(顧客管理システム)などの機能を取り扱い、目的に合った組み合わせで使えることもあり、大企業・中小企業などの規模に関わらず導入されています。

では、Salesforceの中核となっているSFA、CRMとは何なのか説明します。

SFAとは
SFAとはSales Force Automationの略で、営業の業務に特化した支援システムです。

個々の営業パーソンが抱えている業務を可視化し、一括で管理することで、メンバーで情報を共有することができます。従来の営業業務は、その顧客の担当者が把握している状況や情報に頼るものだったため、効率的とは言えませんでした。

しかしSFAシステムを導入することにより、リアルタイムの営業の進捗状況や顧客の情報が共有できるため、ビジネスチャンスを逃さない有効的な営業活動を行えることができるようになります。

Salesforceはクラウド型のプラットフォームのため、世界中どこからでも24時間、スマホやパソコンからアクセス可能。

各々が持つ情報を共有することにより、たとえ担当者が変わっても、担当者以外であっても顧客に正確なサービスを提供できるのです。

CRMとは
CRMはCustomer Relationship Managementの略で、顧客管理システムのことです。SFAが営業業務に特化したシステムであるのに対し、CRMは全社員向けのシステムになります。

顧客情報管理という点ではSFAと共通していますが、SFAが営業の売上を伸ばすことを目的としているのに対し、CRMは情報を正確に管理することにより顧客満足度を上げることを目的としています。

例えば同じ顧客に対して違う部署での対応があった場合でも、CRMによって履歴を一括管理できます。顧客情報や履歴を一括で管理することにより、タイミングを逃さないサービス提供が可能になり、質の高い顧客対応が実現できるでしょう。

Salesforceが優れている理由

ビジネスシーンではSFAやCRMなどのシステム導入が必要なことはわかりました。しかしSFAやCRMのシステムなら、Salesforce以外にもあります。

その中でもSalesforceを選ぶ理由を見ていきましょう。

カスタマイズしやすい
SalesforceはSFA、CRMに加え社内SNSである「chatter(チャター)」の機能も備えています。ユーザーであれば利用できるため、他部署との連携も容易にできるようになるでしょう。

数あるシステムの中でSalesforceのシェアが圧倒的に多い理由のひとつは、すべての業種に適したカスタマイズがしやすい点です。公式サイトにさまざまな業種に適したカスタマイズ法のデモンストレーションもあるため、参考にすることもできます。

使わない機能をカットしながら、必要な機能だけを使えるようにできるのもSalesforceの大きな魅力です。

セキュリティレベルが高い
Salesforceはクラウド型ツールのため、自社サーバーを設置する必要がありません。顧客情報の扱いに当たり、懸念されるのが情報漏洩。

Salesforceのセキュリティレベルは高く、自社サーバーを設置するより安全と言われています。また自社サーバーを設置しなくても済むので、導入に当たってのコストも低く抑えられます。

自社内にエンジニアが不要
自社サーバーの構築をしなくても利用できるツールのため、自社内にエンジニアがいなくても活用が可能です。万が一サーバートラブルが起きたときでも、システムを復旧する手間もありません。

昨今は人材不足ということもあり、自社サーバーを任せられる優秀な人材を確保することも困難ですし、また人材費を節約できる点でもSalesforceを導入する企業が増えているのでしょう。

AIが優れている
Salesforceの大きな魅力のひとつに、優れた人工知能(AI)があります。Salesforceの人工知能はEinstein(アインシュタイン)と呼ばれるもの。

見込み客の分析をして、訪問の優先順位を出すという、従来は数日かけて行っていた業務をスピーディーに行います。算出されたデータをもとに営業活動を行えば、無駄がなく的を射たものになると言えるでしょう。

Salesforceと名刺管理を連携

営業活動をするほどに増えていく名刺をデータ化して管理されることが多くなりました。従来のアナログな名刺管理では、担当者以外には顧客の情報がわからないということが起きていましたが、デジタル管理することにより、顧客情報が共有できるようになるのです。

名刺管理サービスの中にはSalesforceと連携できるものもあります。では、Salesforceと名刺データを連携させると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

データ化が簡単
名刺データをSalesforceにインポートすることにより、Salesforceにイチから顧客情報を入力する手間が省けます。

名刺データは基本的に名刺に印刷されている情報内容になりますが、名刺管理サービスの中には簡易的なSFA機能を備えているものもあり、連携させることにより、ワンランク上の情報管理を行えるようになると言えるでしょう。

また、Salesforceのシステムは見込み客のデータを手入力する必要があります。名刺管理サービスはスキャナで読み取るだけでデータ化されるものが多く、そのデータをSalesforceと連携させれば入力の手間が省けるため、Salesforceだけで顧客管理を行っているよりも効率的と言えるでしょう。

名刺交換をしただけの顧客も管理
SFAは営業パーソンが営業を行った顧客の情報が入力されます。しかし例えばイベントで名刺交換をしただけの大勢の顧客の一人がビジネスにおける重要な役割を担っていることもあるのです。

名刺管理サービスには名刺交換をしたすべての顧客の情報が入力されます。Salesforceと連携させることにより、漏れなく顧客情報が集約され、効率の良いアプローチをすることができるようになります。

せっかく名刺交換をしたのにビジネスチャンスを逃すようなことがないように、SalesforceのAIが効率の良い営業活動を提案してくれるでしょう。

正確な名刺データを管理することが重要

名刺管理サービスとSalesforceを連携させると、見込み客を逃さない、手入力の手間が省けるなどのメリットがあります。ただ連携される名刺管理のデータが正確なものでなければ、Salesforceの優れたシステムも100%有効活用できているとは言えません。

名刺管理サービスのデータ化はスキャナやスマホのカメラ機能を使うものが多く、OCR機能を利用しています。OCRは優れた機能ですが、コンピュータによる読み込みのため間違いがないとは言い切れません。

誤認されたままの名刺データでは有効活用できませんし、それをSalesforceに連携させても修正処理が必要になってしまいます。

そのため、正確な名刺データを管理することがSalesforceを有効活用するための大前提となります。名刺データの正確さを求めるなら、OCRによる読み取りに加え、人間による修正入力を行ってくれるサービスを利用する必要があるでしょう。

名刺管理とSalesforceを連携させることは、今後のビジネスシーンを賢く渡っていくために必要なことになりますが、そもそも正確な名刺データを作成するための名刺管理サービス選びを間違えないようにしましょう。